読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の学校

心について書いたり、日々思う事を書いたり、

カルマとは何か?なぜ必要なのか?


仏教用語で''カルマ''という言葉を聞いた事がある人は多くいると思います。

''業''などとも言われますが、この記事ではこれについて語りますね。

カルマはもう少しわかりやすく言い換えると''人生課題''とも言えます。

その人が人生において解決するべき課題と言う事です。

学校の宿題みたいなものです。

自分は何のために生まれてきたんだろう…

と1度は考えた事がありませんか?

ここでは、その答えとして「カルマ(人生課題)を解決するため」と規定します。

カルマには深さがあり、大きく分けて3段階あります。

1.個人のカルマ

2.日本人共通のカルマ

3.人間共通のカルマ

これをそれぞれ説明していきます。

①個人のカルマ
これは人それぞれ特有のカルマで、幼少期の体験を経て作られていきます。0~12歳までの間、まだ未熟な判断基準を持っている頃に様々なショックな体験を経ることで、''自分とはこういう人間である''と決めつけていきます。そのイメージが無意識深くに残り、そのイメージから離れる事が出来なくなります。

②日本人共通のカルマ
これは国毎の特有のカルマです。日本人なら誰しもが持っています。一言で言うなら、「人に迷惑をかけてはいけない」です。この考えから自由になる事が出来ません。

③人間共通のカルマ
これは人間であるなら誰しもが持っているカルマです。これも一言で言うなら、「人生は苦である」この考えから自由になる事が出来ません。

このカルマによって、人生の範囲または人生の質が決定されます。

カルマを放置しておくと、その決定された範囲の中でしか生きる事が出来ません。

逆に言えばカルマを解決した時、その範囲の外側の世界で生きる事ができます。

これがカルマを解決する必要性です。

また自分のカルマを解決すると、同じカルマを持つ人も解決してあげる事ができます。

それがその人の''仕事''になります。

つまり、解決したカルマはその人の''価値''となって、その価値を与える仕事が出来るようになります。

カルマの解決は生きている間しかチャンスはありません。
死んだとしても何の解決にもならず、また最初からやり直しになります。

ただ今の社会の現状はそこにほぼ関心が向かず、「物質的な欲求を満たす高さの成功」に向いています。

なので解決以前の問題で、自分のカルマが何なのかもわからず、そこを探そうとする人もほとんどいません。

これからは「精神的な欲求を満たす深さの成功」の方向性にどんどん向いていく事と思います。

なので今一度立ち止まってみて、自分の人生を振り返ってみることをオススメします。

-----------------------






mk.to.ka.wa@gmail.com
大川真
ぜひ感想を下さい(^^)







現代教育に対する怒りをoutputしました(♯`∧´)

今日音楽を聴きながら、無意識にある大きな怒りが凄く意識化されました。


それは、今の日本教育に対する怒り


人間は本来とてもクリエイティブで知的好奇心あふれる生き物です。


特に子供の時、若い時は


何を見ても何を聞いてもその全てから様々な知恵をどんどん吸収して何からでも学びとります。


勉強なんかしようと思わなくても、何してても意欲的なので勝手に勉強にするから努力なんて全くいりませんよ。


それなのに、子供の関心を無視したまま、今の社会に適合するように、必要性も明確でない知識を子供達に詰め込む教育はもう終わりにしたい。


昔はその教育が必要だったのは分かりますが、今はもう早く変化しなければなりません。


今の教育が子供の知的好奇心とクリエイティビティを破壊し続けている事を認識しなければならないし、


それに対して立ち上がらないとヤバイですよ。


もうマジで学校行く意味がわからないし、行ってる人もわからないんじゃないでしょうか。


こんな事もう本当に終わらせたい!!


中学生の頃の昔話しです。

小学生の頃に思った世界。

自分は人からバカにされる存在であり、人は人をバカにする生き物であり、

お互いを認め合い、尊重しながら平和に過ごすなんてことはキレイ事であり、

そんな事は不可能なのだ。

ん?でもちょっと待てよ。

人をバカにするのを辞めて許し合って認め合う、それって難しいことなのか?

なんでそんな簡単な事も人はできないの?

人間って何なん?

続きを読む

小学生の頃の昔の話しです。

保育園の時から小学校時代。

なんで人ってこんなにバカにしてくるんだよ!と思っていた。

髪型1つ、顏1つ、身体1つ、話し方1つ、性格1つ、学力1つ、運動神経1つ、服装1つ、趣味1つ、生い立ち1つ。。。

何かにつけて人をからかいバカにする。

なんでなん?バカにしなくて良いじゃん。みんな認め合って平和に過ごせば良くない?

そんな事を常々思っていたけれど、そんな考えは通用しなかった。

自分は人からバカにされる存在であり、人は人をバカにするものだと強烈に感じていた。

そして幼少期の頃から、ならば努力しなければならない!まわりに自分を認めさせてやるー!!こんな世界間違ってる!!と頑張りはじめた。

続きを読む

ある人との会話とそれで思った事。

「夢ってありますか?」


「ありますよ」


「どんな夢なんですか?」


「家族と楽しく過ごしたいですね。」


「へー。例えば将来何かこうしたいっていうのがあるの?」


「起業したいと思っています。困っている人を助けたくて」


「どんな人を助けたいと思うの?」


「お金に困ってる人とかですね。いま企業に就職も安全とは言えないし、営業代行とかしようと思ってます。」


「なるほどねー。起業して家族と楽しく過ごせるのが夢なんだね。」


「元々はプロサッカー選手目指してたんです。でも実はきっかけがあって、骨折して入院した事があるんですよね。サッカーをやってて。

20の頃ですけど、それまでは本当にプロサッカー選手になることしか考えてなかったんです。

でも骨折して入院した事をきっかけに、あれ?もしプロサッカー選手になれなかったらどうするんだろう…って思って、初めて将来に不安しました。

そこから本気で将来プロサッカー選手になるには、いつまでにどうなっていれば良いのかを、逆算していきました。

結果、時間がかかるから無理だと思いました。しかも、おじいちゃんが事業に失敗してて、お父さんが多額の借金を持ってるんです。

それに弟が2人いて、自分はかなりお金をかけてもらったんですけど、三男にお金が回らないかも、というのを聞いて、ちゃんとお金を稼いで家族を助ける方が良いと思いました。」


彼はそのような事を語った。


私はその話しを聞きながら、そりゃそーなるよね!!って思う。


「いまの社会をどう思う?」


「生きづらいです。学校は大事な事を教えてくれない。お金の知識とか、人間関係とか。本質が抜けてる。」


そう!そうなんだよ!と心から共感した。


いま世の中にはお金に困っている人はめちゃくちゃいる。自分、家族、友達、身の回りの人。


小さな時からずーっとそのような人達を見てきている。


だったらこの人達を助けないと!特に家族は。って思うよね。


資本主義プレートの上では、家族と楽しく過ごすことは当たり前では無いんだ。


お金が無いと無理だ。


でも私はそんな社会はおかしいと思う。だから彼に自分が今やっていること、自分の夢、日本のこと、いまの社会がどんな仕組みなのか。


そのような事を語った。


彼はとても聞き上手なので、ついつい長々と語ってしまった。


彼は私の話しに興味を持ってくれて、色々と質問してくれた。また東京に来る時はお茶することになった。


別れ際、最後に彼が言った事がとても印象的だった。


「大川さんの話しを聞いているうちに1つ思った事があるんです。実は1つ夢が出来ました。

ただ起業するだけじゃなくて、日本が世界に誇れる、超面白いテーマパーク創ろうと思います。」


お…なるほど笑


どれだけ本気なのかわからないが、新たな夢のきっかけになれたなら嬉しい。


でもこの出会いをきっかけに、話せば話すほど夢が広がっていくような人間になりたいと強く思った。


そしてそんな大学を創りたい。


明日も人に会いに行こう。


東大生と教育について話してみました

f:id:makoto-J:20160621113623j:plain東大生の中でも、印象的だった3人の人との会話があった。


「東大に入って失望した」


1人の男の子がこう答えていた。


彼が言うには、東大には高校からレール的に入っていく人が意外と多い。

入ってからもそこそこ頑張れば良い所に就職出来るから、志が低い人が多くて残念だった。

自分で何かを立ち上げて、精力的に活動しているのは一部の人だけ。


彼はとても"志"を大事にする人で、教育に関心があり、吉田松陰も好きらしい。


うわ!仲間に会えた!と思って嬉しかった。


「教育の本質って何だと思いますか?」


「"憧れ"だと思います。人に憧れた時から教育が始まってる。本で読んだんですけど、なるほどって思ったので」


話せば話すほど、彼自身が気付いているかどうかはわからないが、今の日本の教育に対してかなり深い問題意識を持っている方だと確信した。


おそらくまだ大学1、2年生だと思うが、東大に入って失望するセンスは凄いなと思う。


教育って何なのだろう。その追求を普段からしていて、だからこそ"憧れ"という本質的な答えにたどり着いたんだろう。


こういう人に出会えて良かった。またお茶したいな。


2人目は女性。ただこの人は学生ではなく職員の人。

この人も教育系の仕事をしていた。


「今の教育ってどう思いますか」


「自分がどうなりたいかっていうのが抜けてる」


わかります!って思った。


急ぎらしく少ししか話せなかったが、彼女の教育に対する指摘はかなり鋭いなと思ったので印象的だった。


彼女との会話を通して、教育の問題に対する確信がまた深まった。


"自分がどう在って、何をしたいのか?"


この重要なテーマが、実は今の教育には徹底的に欠けているのだ。

高校まではほぼ取り扱わないだろうと思う。


大学ではもしかしたら、このテーマに重点を置いてあるところがあるかもしれない。


ただ今の日本の現状を見たときに、会社に入って雇われる前提の意識の学生は多いように思うし、志が立ち、起業する人も自ら仕事を創りだす人も少ない。


この現状の意味するところは


自分がどう在って、何をしたいのか?


これを自らが発見することが出来る教育が無いことを指しているのではないだろうか。

東大でさえも。


3人目は、女性の学生。


「夢は何ですか」


「わからないです。今探し中です。」


「まだ見つかってないんですね。どうして見つからなかったの?」


「うーん…わからないです。」


「東大になぜ入ろうと思ったの?」


「入ることが出来たし、理科2類に入ったけど、途中で違う分野にも変更出来るところが良かったから」


彼女は自分の道を探し中。

だからこそ、決まった学部に入るの嫌らしい。


わかるぞその気持ち!!


東大の学生と話す毎に、危機感を感じる。


東京大学は、彼女が自分のやりたいことを発見するようになる教育が出来るのだろうか。


もちろん他人から押し付けられた夢や目標ではなく。


私は九州大学の大学院まで勉強してきたけれど、大学の中では発見することは出来なかった。

だから辞めようとしたけれど、周りからの大反対により休学した。


"自分がどう在って、何をしたいのか?"


これに100%の確信を持って答えるには絶対にわからなければならない事があるのだ。


それは、"そもそも自分とは何者なのか?"だ。


この身体?この意識?無意識?もっと見えない何か?


今の学校教育の中にはその答えは絶対に無い。日本のナンバー1、東大でも。


この世界、日本の現状を観れば、それは言い切れる。


その答えを出せてないからこそ、あらゆる問題が次々と世の中に湧き出てくる。


今回東大に行って、その確信は深まるばかりだ。


まだまだ一部の東大生の話ししか聞いていないので、もっともっと出会いに行きたいと思う。


よし、明日もワクワクで生きよう!




人間の矛盾をつらつらと書いてみた

f:id:makoto-J:20160322161650j:plain人間の不思議


あやまらなくてよいのにあやまる

苦しまなくてよいのに苦しむ

頑張らなくてよいのに頑張る

自分を責めなくてよいのに責める

迷惑をかけてよいのに、かけまいとする

自信を持ってよいのに不安を持つ

愛されてよいのに拒む

自分を受け入れてよいのに受け入れない

怖がらずともよいのに怖がる

楽しんでよいのに楽しまない

喜んでよいのに喜ばない

泣いてもよいのに泣かない

怒ってもよいのに怒らない

居てもよいのに、居てはいけないと思う