読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の学校

心について書いたり、日々思う事を書いたり、

カルマとは何か?なぜ必要なのか?

仏教用語で''カルマ''という言葉を聞いた事がある人は多くいると思います。''業''などとも言われますが、この記事ではこれについて語りますね。カルマはもう少しわかりやすく言い換えると''人生課題''とも言えます。その人が人生において解決するべき課題と…

現代教育に対する怒りをoutputしました(♯`∧´)

今日音楽を聴きながら、無意識にある大きな怒りが凄く意識化されました。それは、今の日本教育に対する怒り人間は本来とてもクリエイティブで知的好奇心あふれる生き物です。特に子供の時、若い時は何を見ても何を聞いてもその全てから様々な知恵をどんどん…

中学生の頃の昔話しです。

小学生の頃に思った世界。 自分は人からバカにされる存在であり、人は人をバカにする生き物であり、 お互いを認め合い、尊重しながら平和に過ごすなんてことはキレイ事であり、 そんな事は不可能なのだ。 ん?でもちょっと待てよ。 人をバカにするのを辞めて…

小学生の頃の昔の話しです。

保育園の時から小学校時代。 なんで人ってこんなにバカにしてくるんだよ!と思っていた。 髪型1つ、顏1つ、身体1つ、話し方1つ、性格1つ、学力1つ、運動神経1つ、服装1つ、趣味1つ、生い立ち1つ。。。 何かにつけて人をからかいバカにする。 なん…

ある人との会話とそれで思った事。

「夢ってありますか?」「ありますよ」「どんな夢なんですか?」「家族と楽しく過ごしたいですね。」「へー。例えば将来何かこうしたいっていうのがあるの?」「起業したいと思っています。困っている人を助けたくて」「どんな人を助けたいと思うの?」「お…

東大生と教育について話してみました

東大生の中でも、印象的だった3人の人との会話があった。「東大に入って失望した」1人の男の子がこう答えていた。彼が言うには、東大には高校からレール的に入っていく人が意外と多い。入ってからもそこそこ頑張れば良い所に就職出来るから、志が低い人が多…

人間の矛盾をつらつらと書いてみた

人間の不思議あやまらなくてよいのにあやまる苦しまなくてよいのに苦しむ頑張らなくてよいのに頑張る自分を責めなくてよいのに責める迷惑をかけてよいのに、かけまいとする自信を持ってよいのに不安を持つ愛されてよいのに拒む自分を受け入れてよいのに受け…