まことblog

世界の研究report

"存在意義"の大事さと、感じるために必要なこと


人間は生きていく上で、"存在意義"を感じることはとても大事な要素となります。

普段、存在意義感じたいー!と思う事はそんなに無いとは思いますが、何か調子の悪い時は

「自分なんていらないんじゃないか」

「自分がいなくなっても何も変わらない」

「私は社会や家族、友達に必要とされているのか?」

と思う時はありませんか?

そんな時、明確に確信を持ってその考えに対して反論が出来るでしょうか。

出来なければ、自信を持って生きる事が難しいでしょう。

出来たとしても、これからどんどん反論する事が難しくなっていきます。なぜならAIが登場しているからです。それに関してはまた後ほど詳しく語ります。

人は恋愛や結婚、仕事、勉強して専門性を身につけたり、自分の使命を見つけたりしながら、人に必要とされ自分の存在意義を確固たるものにしようとします。

それが確固たればたるほど、エネルギーが大きくなりモチベーションが上がります。

例えば会社の中で、

①自分は会社の一部の歯車であり、いつでも代わりが効く存在だ

と思っている人と、

②自分は会社の未来を切り開いている最先端におり、唯一無二の存在だ

と思っている人では全くエネルギーの大きさが異なり、モチベーションが違います。


今までは人間同士で、①から②になるための競争が行われていました。

それが、IT社会の到来によってその競争に大きく変化が起こりました。

それは簡単に言うと

人間対人間

から

人間対ロボット

になったということです。

つまり、人間がやっていた仕事が技術の発展に伴って自動化されていく事を意味しています。

今までの仕事は人間ではなくロボットがするようになり、人間は新しい仕事を開拓していく事が求められていくようになります。

もちろん、まだ人間の方が出来る事が多いのですぐに仕事が無くなってしまうという事ではありません。

ただし、時間の問題という事です。

そして近年、ディープラーニングを搭載しているAIの登場によって、自動化のスピードは飛躍的に高まりました。

2018年には人間の脳と並び

2045年には人類全体よりも賢いIQ10000のAIが登場すると言われています。

農業、工業、サービス業、医療、化学、物理、芸術、全ての分野で浸透していきます。

この時代の流れの中で、最も恐ろしいのは、"人間の存在意義の破壊"です。いまも徐々に徐々に進んでいっています。

人間全員が①になってしまう事でもあります。

だから、今大事なのは"AIには出来なくて人間にしか出来ない事"を発見することです。

Q.AIに出来ない事とは?

Q人間にしか出来ない事とは?

これが確固たる存在意義を保つために必要な事です。

もしこの質問に答えられなければ、自分の存在意義が残酷なまでに破壊されていきます。

まさにこの時代の宿題みたいなものですね。

------------------


いつでも感想、相談お待ちしてます(^^)
大川真