読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まことblog

心の平安を創る発信をしています( ´ ▽ ` )

「新しい価値」を生み出す「新素材」とは?


今はどのような時代なのか、「素材」の観点からそんな事をテーマに書いてみようと思います。



半導体



その素材の発見によってIT社会は到来しました。



それにより、今まで人間がしていた事をパターン化させ、自動的に機械が作業していく事が可能になりました。



なので、あらゆる物事がどんどん便利に速く、効率化されていくようになり



その進化の延長にAI社会が到来する事になります。



時代が進むにつれて仕事が自動化されていくスピードも早まり



今では人間がする事は無くなるのでは?という意見が出るほどになりました。



いまこの瞬間あなたがやっている仕事は、いずれ自動化され機械が行うようになります。



また自動化するだけでなく、それらを発展、拡張していく事までも可能なのです。



それがIT社会の特徴であり、「半導体」の機能でもあります。



なので人間はこれから先、常に新しい仕事、新しい価値を生み出せるようになる必要性が出てきます。



仕事=価値を生み出す事



と定義するならば



①:誰かが作った仕事を効率的に素早く正確にこなしたり、発展させる能力ではなく、
(1→∞)


②:0から新しい仕事を創る能力の方が必要となります。
(0→1)


①はAIが最も得意とする分野で、いずれ人間は全く歯が立たなくなります。



なので相対的に②が重要になってくるのです。



ですが、日本の教育ではまだまだ①を高めようとする傾向がとても強いです。



なので、自ら意識的に②を高めるためにはどうすれば?と考える必要性が出てきます。



ここで素材の観点からもう一度考えます。



半導体」という素材の発見によって、仕事を効率化、自動化、安定的に発展、拡張をする事が可能になりました。



では、安定的に0から新しい仕事、新しい価値を生み出し続ける事ができるためには?



それは、新しい「素材」の発見が必要になると言えます。



0から1を生み出すクリエイティブを持続的に可能とする人材が、未来に生き残る人です。



そんなクリエイティブを可能とさせる「素材」とは一体なんでしょう。



まず、素材と聞くと物質的な物を想像すると思います。



ですが、ここではその固定概念を一度置いてみて下さい。



新しい仕事、新しい価値、クリエイティブが生み出されるためには



「新しいイメージ」が必要になります。



スマートフォンが世の中に現れたのは、スティーブジョブズの頭の中にスマートフォンのイメージがあったからです。



なので「新しいイメージ」を生み出す元とは何か?言うなればイメージの素材とは何か?



つまり、その「新素材」を発見し、応用活用する事が



0→1を生み出すクリエイティブなスペシャリストになる道と言えます。



言い変えるならその「新素材」とは「物質」では無く、「概念」となります。



しかも誰でも理解出来る、客観的な「概念」でなければなりません。



言うなれば「メタ概念」です。



その機能は、新しいイメージを生み出すことです。



なので、現象的なところからいくら探しても見つかる事はありません。



その「新素材」を発見するには、



全てのあらゆるイメージの元素であり、イメージの抽象度を上げていき、より本質的に観たり、イメージの背景を観ようとする探し方でないと見つかりません。



そして最終的に新素材である「メタ概念」を発見します。



発見した後は、それをどのように応用、活用していくのか?というステップになり、



それの達人になればなるほど、新しいイメージを持続的に生み出せるようになり、0→1のクリエイティブな人材に成長していきます。



こうなれば、AIから仕事を奪われるという心配は一切無くなります。



ちなみに、自力でこの新素材を発見しようとすれば、多大な労力と時間とお金がかかります。



なので、既に発見している人に実際に会って共有してもらうのが一番早いです。



本質的な追求や、抽象度の高いイメージを持っている人と実際に会う事はとてもとても大事なのでぜひしてみて下さい。


-------------------------


感想、相談、いつでもお待ちしてます(^^)
mk.to.ka.wa@gmail.com

大川真