働き方の変化は当たり前の時代、重要なのは変化の"方向性"とスピード

この時代において、

 

変化すること、変化しなければならないことというのはもはや常識となっています

 

その上で、じゃあ①どのように変化すれば良いか

 

また②持続的に変化し続け、かつ変化の加速度を上げるためにはどうすれば良いか

 

その2つの質問から、働き方を考えます

 

今日の記事では①をまず考えてみましょう

 

どのように変化すれば良いかを考えるには

 

何を変化すれば良いかを決めなければなりません

 

見た目や内面、モノ、パートナー、

 

様々あると思います

 

これは何を選択するべきでしょうか

 

自分が解決したこと、成功したことを基準に考えてみて下さい

 

基本的に人はいつも変化し続けています

 

変化することに成功しています

 

変化したという事実自体があなたの商品です

 

では、何をどう変化させ、なぜそれは可能だったのでしょうか

 

それが明確でなければ売ることはできません

 

そしてその変化はその人の人生において必要なのかどうかもハッキリさせなければなりません

 

あらゆる人にとって重要な変化とは

 

"滞留"から"循環"です

 

簡単に言えば、汚れで詰まっている部分をスッキリさせてスルスル通るようにさせるということです

 

これが大事な変化の方向性です