まことblog

世界の研究report

日本の深くて美しい"自由"と"平等"

いまどれだけ日本がアメリカナイズされてしまっているのだろう…

世界をいつも視野に入れていた、あの頃の日本を取り戻したい。

そんな思いでこの記事を書きました。



①自由とは何なのか?




お金も時間も余裕があって




学術も仕事も自分で選択でき




結婚相手も自分で選べて




好きな時に好きな人と好きな場所に行き、おいしいものが食べられたり、旅行を楽しめたりすること。




それが憧れとされる"自由"なライフスタイルだと思います。





しかし、これはアメリカ的な"自由"であって、日本で言う"自由"とはこれとは全く違う概念であると私は考えています。





本当の日本においての"自由"とは




お金持ちだろうと貧乏だろうと




忙しかろうと暇かろうと




自分の好きなことをしてようと、してまいと




そのようなことは一切"自由"であるかないかの基準にはならないのです。




自分の生き方、在り方を追求し




快楽に生きる事を避け




死の恐怖さえも越えて




"志"の下で生きられているかどうかが大事なのです。




自分の命よりも"志"を立てて生きている事を"自由"とし、そうでなければ恥とするのが日本の本来の心です。






日本においては、人間の脳の作り出す欲求の中で生きる事は逆に不自由とみなします。





②"平等"とは何なのか?




平等とは、誰にでも等しくビジネスチャンスがあったり、教育を受けられたり、または均等にお金や配給物が得られたりする事を言うと思います。




また、人種や家系で差別することなくみんな同じ人間なんだと考えます。





アメリカにおいては、神の名の下に人は平等とされ、




神>人間>動物>物質




のような序列になっています。





では、日本において"平等"とはなんでしょうか?





日本では平等と言った時に、人間にとどまりません。





人も動物も植物も物質もみんな等しく神が宿っていると考えるのです。





つまり、

神=人間=動物=植物=物質となり





全てが等しく、差が無い状態の事を"平等"と言います。神さえもです。





特別な存在という存在は無いとも言えるし、全てが特別な存在とも言えます。





③これからの時代に必要な日本の心




日本におけるこの"自由"と"平等"は今本当に世界に必要とされていると思っています。




国レベルでこの意識が成り立っているのは日本を置いて他になく、とても精神性が高いです。




アメリカから学んで、付き従っていく時代はもう終わりでしょう。





これからは日本が自立し世界を引っ張って、この日本の心、大和魂を教えていかなければならないタイミングだと思います。





なぜなら、教育において重要なポイントはこの2つだからです。




志を立たせること




人生をかけた志さえ立てば、後は勝手にその達成に必要なことは自分で学んでいきます。





そして、カミ、ヒト、モノの境界線を無くすこと




全てが1mmも差がなく、1つであり、同じであることを悟り知れば、争うことは無くなります。





21世紀の新しい教育大国として、日本を覚醒させていきたいです。



----------------


感想、相談はいつでも(^^)
mk.to.ka.wa@gmail.com

大川 真